痛くない脱毛を選ぶなら医療レーザー脱毛が良いってホント!?

Posted On
Posted By admin

医療レーザー脱毛が痛いのは施術効果を高めるため

永久脱毛を目指す際には、医療脱毛はレーザー出力が強いから痛みが強く、脱毛サロンなら出力が弱いから痛みが少ないという点は事実です。しかし、医療レーザー脱毛ならば5回の施術で全身の医療脱毛が完了することが多いので、トータルで考えると経済的かつ痛みを感じる回数が少なくなります。医療レーザー脱毛が痛い原因は、各個人の肌質を見ながらレーザー出力を最大限まで引き上げることで毛母細胞に最大限ダメージを与えられるからです。

耐えられる痛みの度合いを医師に相談してみよう

医療レーザー脱毛器は、最大出力値で常に施術を行うわけではありません。施術回数が5回から8回程度まで増えても良ければ、痛みを少なくするためレーザー出力を抑えた施術を行うことも可能です。チクチクする程度の痛みなら耐えられるという人は多いので、試しにレーザー出力照射を依頼して医師にテストしてもらうと良いでしょう。医療脱毛クリニックは、レーザー出力の調節可能範囲が広い点がメリットですから、個別に施術内容を変えることが出来ます。

医療脱毛なら局所麻酔という最終手段がある

痛みに対して極めて弱い敏感体質ならば、医療レーザー脱毛に限り医師が行う局所麻酔を同時に施すという方法があります。麻酔の程度と方法は医師と相談しながら決めれば、麻酔薬の塗布で済ませることが出来るケースがある一方で、麻酔注射が必要になることもあります。どのような方法で局所麻酔を行い、どのようなリスクがあるのかしっかり医師から説明を受けた上で実行することが望ましいです。医療行為として行えるからこそ、医療レーザー脱毛のみ麻酔薬を併用出来ます。

えりあしは自己処理が難しい部分なため、えりあしの脱毛を行う時には技術と経験が豊富なプロの手に任せることが大切です。

Related Post