手遅れになる前に!今日から本気で始めるシミ対策

Posted On
Posted By admin

シミの種類と原因は何?

お肌の大きな悩みであるシミには、様々な原因と種類があります。まず、シミの種類は大きく分けて4つの種類に分散され、紫外線が原因でできる日光黒子、妊娠中や出産後などの女性ホルモンの変化によって発生する肝斑、遺伝によって幼少期から見られる雀卵斑(いわゆるソバカス)、ニキビや火傷などの肌の炎症が治ったあとにできる炎症後色素沈着があります。原因としては他にも、タバコや大気汚染などによる活性酸素、ストレス、加齢などがありますが、最も大きな原因は紫外線といわれています。

シミを予防するには?

シミ予防に最も重要なのが、紫外線対策です。日焼け止めは、日差しの強い春夏だけでなく、年間を通して塗りましょう。長時間屋外にいる場合は、日傘やサングラス、帽子なども上手く活用しましょう。次に気をつけたいのが、肌の保湿ケアです。肌が乾燥すると、元々肌に備わっているバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。毎日のスキンケアは、保湿を意識しましょう。その他にも、シミ予防に効果的なビタミンC、Eを含む食材を積極的に食べる、十分な睡眠をとる、タバコやお酒をやめるなどがあります。

シミができてしまったらどうする?

できてしまったシミ対策に有効な薬としては、ハイドロキノン、トラネキサム酸などの成分を含む外用薬、L-システイン、ビタミンCなどの成分を含む内服薬があります。効果が現れるまでには時間がかかりますが、シミ予防対策と合わせてコツコツ積み重ねていくことが大切です。どうしてもすぐにシミをなくしたいという場合、皮膚科でレーザー治療や光治療、ケミカルピーリングなどの施術を受けることも可能ですが、シミの種類によっては悪化してしまう場合もあるので注意しましょう。

シミは原始的な昆虫で、幼虫と成虫の姿がほとんど変わらない無変態です。昆虫の中では寿命が長い方で、7年くらい生きられます。

Related Post