あんまり見たくない!目立つほくろの除去のメリット・デメリット

Posted On
Posted By admin

ほくろとはいったいなにか

ほくろは人の顔の印象を大きく左右する重要なものです。黒い斑点ではありますが、実際に何なのかというと、医学的には色素細胞母斑と呼ばれるものです。茶色や黒褐色の色素斑であり、その形状も盛り上がっているものは平たんなものまで様々です。中には、ほくろから毛が生えているものもあります。ほくろから毛が生えていると、とても気にする女性は多いです。実際は、ほくろから毛が生えているのではなく、毛が生える毛穴の部分にたまたまほくろが重なっただけです。

ほくろの毛の処理はどうする

ほくろから毛が生えていると、どうしてもみっともなく思えて処理したいという人も多くいます。また、ほくろの毛は太く長くなりがちです。しかし、抜いてしまうことはお勧めできません。ほくろは刺激しすぎると、皮膚がんの原因となることもあるので、できるだけ抜いて刺激を与えることは避け、カットすることがおすすめです。

ほくろの除去とメリット・デメリット

ほくろは手術によって除去することが可能です。かつてはメスで切り取っていましたが、レーザーが主流です。レーザーによるほくろ除去のメリットは、まずほくろに悩まされることが少なくなることです。印象もよいものに変わるでしょう。また、レーザーは手術が手軽で、顔などにけがを負う必要もありません。反対にデメリットとしては、ほくろの位置や深さによっては、完全に除去することが難しいこともあるということです。また、ほくろ除去はかつてよりは手軽になりましたが、それでも手術であるので、ある程度費用が掛かります。

皮膚科で毛穴の黒ずみを抑える手術を受ける事が可能であり、レーザーなどを使った方法で手術が行われています。

Related Post